【mastodon】ConoHaサーバーでmastodonサーバーを建てた時につまずいたこと

昨日、ConoHaでmastodonのインスタンスを簡単に建てられうようになったという情報を聞き、早速サーバーを契約してやってみました。

※本記事ではインスタンスを作るまでだけです。また、当サイトの管理人にサーバーの知識はほとんどありません。

 

 

 

 

 

①ConoHaでアカウント登録

②サーバー契約

③mastodonセットアップ

 

流れとしては、上記のような感じ。

ConoHaでmastodonを使えるようになるまでのガイドがあるので、それに沿ってやっていけばサルでもできます。

やり方(ConoHa)

 

 

■つまずいたこと1

 

メールサーバーを契約し、メールアカウントを1つ作る。

それをmastodonの .env.production というファイルにメール送信用の情報を書き込む。

そしてmastodonでアカウントを登録しようとしたが、待てど暮らせどメールが来ない

メールアカウントは正しく作成できている。Thunderbirdで送受信できる。

でもなぜかmastodonから登録確認のメールが届かない。

どうやら .env.production に書き込んだ情報が間違っているらしい。

しかしどこが間違っているのか分からない……。

 

結局、メールアカウントのパスワードに「#」を使っているのが原因でした。

メールアカウント作る時にパスワードに記号も含めろと言われたので、「#」を使ったらこんなことに。

.env.production 上ではコメント扱いになり、正しく読み込めないみたいなので気をつけましょう。

 

 

■つまずいたこと2

 

確認メールが来た。

認証リンクをクリックする。

しかし開いたブラウザのページには「このサイトにアクセスできません」の文字。

これはリンク先が正しくないせい。

以下のように、ドメインの後ろにポート番号を入れましょう。(というかmastodonページ見る時はこれが要る)

http://vxxxxxxxxxxxx.static.cnode.io:3000/auth/confirmation?confirmation_token=ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください